ベットティルトカジノは違法?

ベットティルト

スマートフォンや、パソコンから気軽に賭博行為を楽しむことができる、オンラインカジノ。

しかし、日本での賭博行為は法律に違反しています。

オンラインカジノは大丈夫なのでしょうか。

ベットティルトカジノを例として、オンラインカジノの違法性について解説していきます。

違法性について

結論から言うと、オンラインカジノの運営元が海外であるかぎり、現時点で違法性はありません。

マカオやラスベガスに行き、ランドカジノで遊んでも違法ではないように、オンラインカジノは、賭博法の適応外になります。

理由としては、2016年にとある3人が、海外オンラインカジノをプレイしていたところ逮捕される事件がありました。2人は有罪となりましたが、うち1人が裁判を起こし、無罪判決を勝ち取りました。

日本人による海外オンライカジノをプレイすることは、賭博法違反ではない。という判例ができたのです。

それ以後に、オンラインカジノで逮捕された人はいません。

そのため、現時点でオンラインカジノに違法性はないのです。

しかし、注意点として運営元が日本国内にある場合や、「店舗型」のオンラインカジノである場合は、賭博罪が適応され違法となります。

ニュースなどで逮捕者が出ているのはこういったカジノです。

次に、ベットティルトカジノの違法性について解説。

ベットティルトカジノの運営元は、オンラインゲーミングライセンスを取得しており、場所は、オランダ領キュラソー島になります。

キュラソー島のライセンスは、世界的に有名で、4ライセンスである

・マルタ共和国

・カナワケ

・キュラソー

・ジブラルタル

のひとつです。

数々の基準をクリアしなければ、取得することができません。

ライセンスがあるため、不正の心配もなく安心してプレイすることができます。

その基準もクリアし、オランダ政府の許可の元、合法的なカジノ運営がされています。

監査が定期的に入っているため、安心できます。

また、ネット上に解説記事や、評判、口コミが多数あるため、安心ですね。

まとめ

ここまで読んで、いかがだったでしょうか。

オンラインカジノの違法性についてまとめると

・運営元が日本国内にない

・運営元が海外である場合、賭博法の適応外

またベットティルトカジノについては

・オランダ領、キュラソーのライセンスを取得しており、合法的

・日本人の口コミも豊富にあり、安心がうかがえる違法性がなく、安心して遊べるのが、ベットティルトカジノになります。

ベットティルト公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です